銀行には金利が存在し預金額によって利益が得られますが、日本の金利は低くほとんど無いに等しいです。老後の為にも投資信託を利用して資産運用をしましょう。

  • ホーム
  • 投資信託の解約方法とその際の注意点

投資信託の解約方法とその際の注意点

投資信託の解約の仕方はそれほど難しいものではありません。
購入をした時と同じように売りたいと思う口数や金額を指定するだけで行う事ができますので特に難しい方法も手続きも必要はありません。
しかし注意点として知っておかなければならない事がいくつかあります。
いくらで売却できるのかというのは手続きをしたその日の夕方に基準価額が決められる為、すぐに確認する事はできません。
市場の動きが激しい時には朝に売ったからと安心していたとしても結果的に予想外の価格になってしまう事も少なくはありません。

解約をして得られた代金に関しては一般的に手続きをした日から数えて4営業日以降に口座に振り込まれる事が多いです。
あくまでも4営業日以降ですので土曜日や日曜日を挟んだとすると1週間以上かかる事もありますので、売却してお金も目的が決まっているような場合は、予定の日から逆算をすると共に余裕を持って手続きをしておくべきです。

更に注意点として投資信託を手放す方法として解約請求と買取請求があります。
解約請求は文字通り投資信託をシンプルに解約する方法です。購入した販売会社が窓口となって、運用会社へと業務が移ります。
ここで運用会社はファンドが投資をしている資産から解約請求をした投資家に支払う資金の調達を行い、解約手続きを成立させます。

これに対して買取請求は投資家が販売会社に持っている投資信託を買い取ってもらう方法です。
この場合、販売会社が自社の資金で直接買取をし、その後販売会社が運用会社に解約請求を行います。
基本的に投資家が解約請求を行っても買取請求を行っても売却金額は変わりません。

一部の投資信託はクローズド期間が設定されている場合があります。
このクローズド期間では投資信託を売却したくてもできない場合があります。
これはファンドの資金の過度の流失を防ぐ為にですが、この期間は特別な理由がない限り解約手続きができませんので、日頃からしっかりと把握しておいた方が良いです。

投資信託を解約するならこんなタイミングがおすすめ!

投資信託を解約するにはタイミングも重要になります。
投資全般に言える事ですが、買う時よりも売る時の方が確実に難しいです。
日頃からチャートなどをチェックしていると値上がりする事もあれば値下がりする事も確実にあります。
人間であれば値上がりすればもっと上がるのではないかという見方をしますし、値下がりすればまだ高い今のうちに売ってしまいたいという見方をします。

端的に言えば相場に振り回されて解約のタイミングを逃すのはもったいないです。
投資信託は単位的な株式投資とは違い、分散投資を行うので値動き自体はそれほど大きくはありません。
その為、短期間で解約をする投資にはあまり向きません。
解約をするには手数料が発生しますので、短期的に大きく値動きをしない上での多くの売買は、手数料だけが嵩んでしまう可能性をはらんでいます。

投資信託を解約する一番良いタイミングはやはり自分が思い描く目標金額で売れる時です。
この目標金額というのは10万円を20万円にするというような短期的な目標ではなく、将来を見越してより大きな金額を設定した上で、その金額に届いた段階ということになります。

目標金額に届くまでには個別に売買し、資産配分を効率的に行う事によって運用をする必要があります。
常にバランスを考えながら一つのファンドが値上がりをしたとして、一見利益を上がっているように思いますが、その分リスクも増えたと考えなければなりません。
その為、一部を売却して他の値下がりをしているファンドに新たに投資をする事でバランスを取ります。
また商品自体に魅力がなくなってしまった場合も解約を検討する重要なタイミングと言えますので、日頃からの見極めも大切です。

関連記事